OSX EL Capitan で UC-SGT を使う

UC-SGTはWindowsのドライバはありますが公式にはOSXのドライバは公開されていません。

内蔵されたチップセットはPL2303というチップが使われているようです。

チップメーカーのサイトにはOSX用のドライバが公開されているのでそれを使います。

http://www.prolific.com.tw/US/ShowProduct.aspx?p_id=229&pcid=41

からダウンロードしてきてインストールします。

でそのまま使えればいいんですがそうもいかないので手を加える必要があります。

EL Capitanでは<

/Library/Extensions/ProlificUsbSerial.kext/Contents/Info.plist
を編集します。 編集する際は管理者権限が必要ですのでsudoコマンドを使いましょう。 で差分はこちら
diff -u Info.plist\~ Info.plist

あとは

sudo kextcache -system-prelinked-kernel

sudo kextcache -system-caches

とコマンドをうってOSの再起動。

再起動後ターミナルから

ls /dev/tty.usbserial

とうって表示されればOKです。

接続するには

screen /dev/tty.usbserial [ボーレート]

とやればOKです。

これで一般のご家庭にあるRTX1200などをシリアルケーブルでメンテナンスできますね。